不動産住み替え体験

不動産住み替え・売却体験談

 ここでは、不動産の住み替え、売却を実際に体験した人たちの体験談を載せています。
 これから住み替えを考えていたり、不動産の売却を考えている人におススメのページです

 

相続したマンション売却と中古住宅購入体験談

 両親が亡くなり、古い中古のマンションを相続しました。
 今回売却したンションが建ったころは、私はまだ子供で、両親と3人で一緒に暮らした時期も数年ありました。
 数年後には独立してしまったので、その後は一緒に住んでいませんでした。
 両親は、マンションの建築途中で購入したため、間取りの変更がききました。
 このため、2間続きの和室の1室をつぶして母がリビングを広げるという間取り変更を行いました。
 この間取り変更のおかげで、リビングルームがとても広く快適になり、大きな大きなリビングテーブルとソファのセットも置けて、とても快適に過ごす事が出来ました。
 しかし、この間取りが将来使いにくくなるとなるとは誰も思いもしませんでした。

 

 私は独立してからずっと距離的にも両親とは離れて暮らしていたのですが、母が先に亡くなったため、父の介護をしに再びこのマンションに戻ってきました。
 子ども3人を連れてきたため、リビングだけが広く個室が2つしかないという間取りはとても使いづらいものでした。
 父と長男だけが個室を使い、私と娘と次男は広いリビングで雑魚寝状態という生活となりました。

 

 マンションには長い間、両親が住んでいたため、家の中にいると母の思い出が駆け巡る状態で、、初めのうちは住んでいても悲しかったのですが、父の介護にも慣れ、実家にまた住んでいることにも慣れたころ、今度は父が亡くなってしまいました。

 

 今度は父の思い出が駆け回る状態になってしまいました。
 しかも、間取り的にはあまり使い勝手が良いといえる状況でもありません。
 こんな状態で新聞の折り込みの不動産広告が目に入りました。
 そこには、割安感があり、今住んでいるマンションよりも広く部屋数も多いという中古の一個建ての図面広告が載っていました。

 

 とても気になったので、すぐに不動産業者さんに連絡を取り、その日のうちに内見も済ませました。
 そして、内見したその場で買うことに決めました。
 衝動買いに近かったと言われればそうなるのかもしれませんが、私としては、いつまでも使いにくい間取りの家に住んでいる訳にもいかないと思ったのです。
 感傷的な話になりますが、せっかく両親が残してくれたマンションを手放すのに罪悪感を感じなかったと言えば嘘になります。
 しかし、きっと両親も住みにくい家に住み続けて不便な状態でいるよりも、新しい家を買う事を認めてくれたと思います。

 

 間取りというのはとても大事な事だと思い知らされました。
 雑魚寝だと、どうしても他の家族に気を使って家に仕事を持ち帰るのも難しいですし、生活する時間帯がズレたりすると、とんでもなく不便な状態でした。
 もしも、私に親から相続した不動産の処分に悩んでいる方から相談があったら、「ご両親は貴方の幸せを望んでいると思いますよ。不動産を守る事ではなくて」言ってと差し上げたいです。

 

 両親が買ったマンションは、とにかくリビングが広かったので、広くて開放的になれました。ですから、広くて開放的な気分を味わいたいリビングを望む、少人数の家族にはとてもいい間取りだと思いますし、一方、私たちが今住んでいるマンションは、私たちの家族構成にピッタリの間取りで大変満足しています。

 

 相続された家への思いは強い人が多いと思いますが、やはり、自分にとって住みやすいかどうかを考えてみるのも良い事ではないかと思います。

 

 

 

住み替えるつもりが、自己資金不足で・・

マンションから一戸建てへ住み替えることにしました。
 あまり自己資金もなかったので、結構なローンを抱える事になると思い、当初はもう少し先伸ばしして住み替えが出来ればと思っていたのですが、かなりお気に入りの物件が出てきたので、住み替えを考える事になりました。

 

 自己資金が少ないのは、少し前に父が亡くなるまでの数年間、父の介護に重点を置いていたため、自営業の仕事を大幅に減らしてなんとかやりくりしていたからです。
 こうした状況でしたから、住宅ローンを組むのは無理だったのです。

 

 こうした事を不動産業者さんに話したら、担当してくれた営業マンが良い方法を勧めてくれました。
 それは、一般の方を相手に広告を打つのではなく買い取り専門の不動産業者さんに、今、住んでいるマンションを買い取ってもらうという方法でした。
 買取を使うと、一般に売りに出して相場の価格で売れた場合に比べると、業者さんはそこから利益を取ってリフォームして売りに出したりする事が前提ですので、かなり安い買い取り価格にはなってしまいますが、相手が業者ですから、一般の人と違って融通がきいたりしますので、私の状況を考えればかなり有難い提案でした。

 

 例えば、通常であれば明け渡しの交渉等は普通にあるでしょうし、契約〜明け渡しまで少しでも短い時間で終わらせたいという感じになると思います。私が逆の立場でもそう思いますが、業者買い取りの場合はこちらの都合にかなり合わせてくれます。
 住み替えの場合は、どうしても買う話と売る話を同時に進行させる必要がある人が多いと思いますが、私の場合は売ったお金が入って来ないと買う決済ができなかったので、買取業者さんと担当営業マンが迅速に動いてくれたおかげで、何のトラブルも無く住み替えが出来ました。
 これはかなり有難かったです。

 

 

 最後まで一般の方に売るか買取でお願いするか迷い、売れるまで我慢して自分が持っている株を売って決済に充てようかとも迷いましたが、決済のために安く株を売るのもたまりませんし、株は値上がりも見込めるけれど、マンションが希望価格で売れるとも限りませんし、売れるまで所有し続けた場合、税金や管理費などを支払い続けなければいけなくなるので、総合的に考えてこの「業者買い取り」を選びました。

 

 住み替えで少しでも早く売る事にメリットを感じたら、こんな方法もあるのだと選択肢の一つに買取を入れても良いと思います。

 

独身OLがマンションを購入

20代でマンションを購入した話です。
 私は独身で普通の会社員の女性です。
 私が勤務している会社の本社の移転に伴い、今通っている所から通うとかなりの通勤距離になりますし、ラッシュで通勤するのは嫌でしたので、マンションの購入をしました。
 私は独身なので、当初は賃貸で考えていたのですが、両親も多少なら援助してくれるという事もあって、マンション購入を決意したのです。
 マンションを買った当時も今も私はに結婚願望がなく、また、かなり特殊な仕事であることからも移動も考えにくいのですから、賃貸に拘る必要もありませんでした。

 

 独身を通すつもりでいますので、今までのライフスタイルが変わる事が考え難いため、将来家を買い替えるという事も考えなくてよいのも、自分の家が欲しくなった事が大きな理由です。
 一方、両親は私を結婚させたがっていますが、もしも結婚するなら、それならそれで賃貸に出せば良いと言っています。
 マンションは不動産会社と相談し、駅から徒歩5分という好立地のマンションを選びました。
 やはり、立地が良くないと不便だと思ったのです。
 駅近くだとどうしても価格は割高ですが、コンビニや病院なども近距離にあり、しかも圧倒的に住環境が良い場所です。
 新築のマンションには手が届かなかったのですが、中古でも築浅のため、内装も新しく、分譲向けのマンションだっただけあって、以前住んでいたマンションよりもお洒落で気に入りました。

 

 このマンションを内見をしたらとても気に入りましたが、そうはいっても、こんな大金を動かしたこともなかった私にはとても勇気のいる決断ではありましたが、購入に踏み切りました。
 幸いな事にローンもそこそこの低金利で組め、月々の支払いは以前の家賃より安いのが有りがたいです。
 やはり生活水準は下げたくなかったので、トータルな支払額が気になりましたが、管理費と固定資産税を入れて、賃貸と同じくらいの支払いなので、ありがたいです。
 万一給料が下がったりしたらと思うと、賃貸ならば安いところに引っ越せばよいですが、マンションを持っているとそうもいきませんので心配にはなりますが、今のところその心配もなさそうです。
 また、これを機に仕事を頑張ろうというやる気も出てきました。

 

 住環境はとても大事な事だと思いますが、こちらに引っ越してきてからは、地元のサークルに加入させて頂き、休日にはイベントの手伝いをさせて頂いています。
 以前住んでいた場所ではこうしたところを探す事もありませんでしたし、家を持つ事で自分がこれから長く済む地域を見るという感じに自分の意識が変わったのだと思います。
 おかげで飲み仲間も増えて楽しく過ごしています
 自分的には大変な決断でしたが、思い切って購入を決めて良かったと思っています。

 

トップに戻る

 

※このHPに書いてある情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。予めご了承ください。