両てちゅ会と片手仲介手数料

不動産会社に支払う手数料の話

 不動産業者に支払う手数料ってちょっと奥が深いんです。
 そんな不動産の両手仲介と片手仲介の話です。

 

 

 片手仲介は、売主に依頼した手数料と買主が依頼した手数料を、各々契約した不動産業者さんに別々に支払うことを指します。
 これは、売主と買主が別々にそれぞれの不動産業者さんに依頼した場合にそれぞれが契約した不動産業者さんに支払いますので、これを片手仲介といいます。

 

 両手仲介は、売り主側の不動産業者さんと買主側の不動産業者さんが同じ場合に両方分の手数料を丸々支払うという話で、要するに貴方が売り主だとして、契約した不動産業者さんが買主さんも見つけてきてくれた時に、買主さん側に支払う手数料も貴方が契約した不動産業者さんに支払うというやり方になります。
 大まかにいうと、不動産業者さんからすると、売り主、買主ともに自分で見つけると、不動産仲介手数料が倍になるという話です。

 

 では、ユーザーにとってどちらが良いのかを考えてみましょう。
 両手仲介の場合は、よりお金をたくさん貰いたいと不動産業者さんが考えて、自分で抱え込んで売る努力をしてくれなかったら困ってしまいますね。
 専属専任媒介契約や専任媒介契約を結んだら、とりあえず貴方が売却をお願いした物件をレインズに登録してもらっているかしっかり確認したほうが良いと思います。(参照サイト:近畿レインズ)
 もちろん一般媒介契約の場合も、積極的にレインズへ登録してもらう方が良いと思います。
 レインズに登録すると、指定流通機構により「登録証明書」が発行されますので、これをチェックしましょう。
 登録証の種類もいろいろあって、変更・再登録・成約登録・削除があります。
 交付された内容をしっかり確認して、万一間違っていたら修正をお願いしましょう。
 レインズを使うと、いわゆる物件の囲い込みが困難になるので、より早く売れる可能性が出てきます。

 

 もしも、不動産業者探しで悩んでいるなら、スマイスターなどの不動産売却一括査定を使うと、色々な業者が貴方が売却を検討している不動産を査定してくれますので、かなり便利です。

 

 

 

 

※このHPに書いてある情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。予めご了承ください。