不動産売買 体験談

不動産購入体験談

 ここでは、不動産売買を普段したことがない人たちの購入体験談を集めて載せています。
 スマイスターなどで不動産を売却する際、売る側だけでなく買う側の体験談も見ておくと、買う側が物件を買う際にどんな事を考えて購入に踏み切っているのかが分かったりしますので、とても参考になると思います。

不動産購入体験談

タワーマンションの低層階は穴場かも

 

 我が家の場合数十年後には売却をすることが前提でのマンションの購入をすることになりました。
 どんなに条件が良くても、いずれは地元に帰ることが決まっていたので、売ることを前提にマンションを探すことになったのです。
 この条件だと、やはり住み続けて値下がりを気にしないという状況ではありませんし、ローンを組んで担保割れとかもできれば避けたいということで、極力値下がりしない物件を手に入れようと頑張りました。
 投資目的なわけではありませんけれど、後で考えると、これが結構功を奏したのです。
 もちろん、実際に生活するにあたっても子供たちの教育環境が整っていたり、私の通勤に便利なところが条件である事は言うまでもありません。
 交通の便が良いほうが後々売ることを考えると有利だと思いましたし。
 こうした条件を考慮し、自分なりに熟慮した結果選ぶことになったのは、都内のタワーマンションです。
 いろいろな考え方があると思いますが、私なりに色々考えた結果、大規模なタワーマンションの中でも安い物件を探し、家族で住むことができれば、
 最終的に売却時にも何とかなるのではないかと思いました。
 大規模なタワーマンションは上層階は結構高いのですが、低層階はそれと比べると安いのが一般的です。
 でも、購入費用が安い低層階であっても、共用施設等は高い部屋を買った方々と変わらず利用できるわけです。

 

 実際に大規模タワーマンションの安い部屋に住んでみるとわかりますが、ゲストルームやパーティールーム、フィットネス、プールなど全てにおいて安く利用することができ、個人的には生活が大分変わったと思いますし、満足しています。
 心配な価格のほうも、将来の値段は誰にもわかりませんが、今現在は上昇傾向にあります。

住宅をGETしました!

 

 数年前にK県で古谷ありの土地を買って、注文住宅で家を建てたときのエピソードです。。
 私は出産をきっかけに現在の土地に引っ越してきて、最初のうちは賃貸マンションに住んでいました。
 そのうち子供が成長してきて、小学校に上がる前にマイホーム購入を考え始めました。
 子供を誰も知らない所に行かせるのも不憫だと思い、結局幼稚園のお友達がいるエリア内で探すことになりました。
 幼稚園の子供たちが通っている範囲はかなり狭く、物件も限られていましたが、それでも頑張って探しました。

 

 最初のうちは、予算の関係とかもあり、建売住宅なども視野に入れて探したのですが、納得できる物件が見つからず、土地の購入から検討することになりました。
 私達の家族にとっては人生最大の買い物ですので、特に住環境は最も重視すべき点でした。
 購入の条件は、まず静かで近隣の交通量があまり多くないこと。そして安全な土地であること。
 安全というのは、災害に見舞われる可能性が低いという意味です。
 これから数十年は生きていくわけですから、災害に遭うリスクを少しでも避けようと思いました。
 そこで、古くからある住宅地を週末ごとに散歩することにしました。
 新興住宅地よりは古い住宅地のほうが安全性が高そうに感じたからです。
 元々ご近所近辺を探していましたので、散歩を楽しみながら地域を見て回るという感じでした。

 

 その中で私達の理想の条件に最も近い住宅地を見つけ、その住宅地に絞って物件を探しました。
 いろいろ歩き回った結果、古屋有りの土地を見つけることができました。
 古屋有りの物件は、解体作業費が発生したりしますが、仲介している不動産業者が大手だったこともあり、購入を検討しました。
 実際担当してくださった不動産会社の方は、私達の条件や疑問などにも丁寧に対応して頂きました。
 特に価格に関しては、解体費が自己負担になるので値下げの依頼をしたところ、売り主の方と交渉して頂いて下げることに成功しました。
 また担当者の方から売り主の方の人柄なども聞いていたので、安心して購入することができました。
 そして契約を結ぶ時売り主の方も同席して契約を結ぶのですが、担当者の方から聞いていた通りの優しい人柄の方で、周辺に住んでいる方達の事なども色々と教えて頂きました。
 やはり、土地だけにするとはいえ、先住者があまり評判がよくなかったりすると気になってしまいますし。

 

 その後は順調に注文住宅でマイホームを建てました。
 住宅に関しては、結構「もっとこうしておけば」と考えてしまうこともありますが、土地に関してはここにしてよかったと思っています。
 家は古くなりますが、土地はそのままですから、家よりも土地を重視したほうがより良いのかもしれません。
 もちろん、欠陥住宅では話にならないと思いますけれど。
 やはり、自分で不動産を買ってみて、マイホームは人生最大の買い物ですので、じっくりと選んで後悔がないようにしたいところです。
 そのためには、やはり営業マンとの信頼関係もしっかりとつくっておきたいと思いました。
 私の不動産購入はトラブルらしいトラブルもなく済んでいますが、営業マンの誠実な態度にどれだけ安心感をもらったことか・・・感謝しています。

一戸建てを買う際、ここにに拘りました
 

 

 私は、一戸建てを購入する際にまず、考えたのは、注文住宅にするべきか、建売住宅にすべきかというところでした。
 でも、その前に実は気になった事があって、それは、将来的に売却価値のある土地かどうかというところも気になっていました。
 将来的に価格がある程度保てるという事は、売るかどうかはともかく、将来も安心して住んでいられるという事になるのではないかと思ったのです。

 

 実際問題、売却することが前提であれば、建売であろうか注文住宅であろうが建物自体には長い年月がたっていればほとんど値段はつきません。
 あくまでも重要なのは土地の値段になってきます。

 こうした考え方のもとで、自分なりに注文住宅の選択肢を選んだのですが、何しろ土地探しからですから、かなり困りました。
 やはり、将来性を考えると、地域そのものの将来性も考えてしまい、この問題をクリアするのが結構大変だったのです。
 既に人口減・・過疎化が進む地域もどんどん出てくるわけですから、それでも安心して暮らせる地域、環境が欲しかったのです。

 

 そんな事を考えて購入した場所は土地だけで4,000万円、住宅で2000万円という感じになりました。
 建物にそれほどお金をかけられなかったのですが、やはり便利で将来性がある土地を買えたと思っています。

 

 建物に関しては、お金をあまりかけられないなりに工夫をして家内も満足してくれていますので、まずまずだと思っています。
 この辺が注文住宅の強みだと思います。
 実際に住んでみて、こうした買い方をして良かった思っています。

 

住み替え体験談 〜私が最も重視した3点

 

両親が亡くなって古いマンションを相続しました。
母を介護して、その後亡くなった父の介護のためそこに同居していたので、家族みんなでそのまま住むという考え方もあったのですが、自分のライフスタイルに合う中古住宅を広告で見つけたため、住み替えを検討する事になりました。。

 

 この広告が気に言った点は、音を出しても大丈夫そうな立地条件だったという事です。
 私はピアノが好きなのですが、ピアノはかなり音が大きいので、ご近所に迷惑になるのではないかと殆ど弾かずじまいでいたのです。
 広告に出ていた物件は傾斜地に建っているため、玄関階の下の階も地下階ではありませんし、玄関の下の買いは地下に潜っていますが、窓が一つだけあり、、反対方向の部屋からは下を数メートル見下ろす感じです。

 

 しかも角地ですしたし、見下ろす面は隣のマンションの、普段全く使われていないスペースでした。
 さらに横方向には遊歩道と緑地があり、こちらも隣の家までは離れています。

 

 玄関方向は地中なので、問題になってくるのはお隣の家と接している面だけです。
 窓を防音窓にするだけでもだいぶ違ってくると思いますし、リフォームの際防音壁にし、様子を見てまたお隣におたずねしてみて、響くようであればまた対策を考えようとは思っています。
 こうした立地と対策でお隣にご迷惑をかける事にならなければ、音を出すピアノを趣味としている自分としては、かなりお買い得な物件でした。

 

 相続したマンションでは動物の飼育は禁止なので、介護をしている時には猫を飼えなかったのですけれど、家族みんな猫が好きで、以前猫を飼っていたこともあり、マンション暮らしであきらめていた猫をまた飼えるかもしれないという事でみんなで喜びました。

 

 今、住んでいる校区も決して悪くはないのですが、その家のある校区は市内でも最高ランクとのことで、子供の将来を考えると、こうした事も大事な事だと思っていました。
住み替えを考えている方で義務教育期間中の子どもさんがいらっしゃる方には、この「校区調べ」は必須だと思います。ご参考になれば幸いです。
 逆に、売る側で考える時も、スマイスターなどの不動産売却一括査定サイトだけに頼るのではなく、自分がいる地域の校区などをチェックしたり、転校の時期とかをシッカリ考えて売る方がスムーズなのかもしれません。

 

相続した空き家を売却

 

親戚の家を相続したのですが、その売却体験談です。
 随分かわいがってもらった親戚が亡くなり、その家を相続しました。最初のうちは、思い出も詰まっていたので売るのを躊躇していましたが、そうは言っても現実問題として私が住んでいる地域から相続した家が地域的にかなり遠方だったので、管理もままならない状況が続いていたので、結局売却をする事にしました。
 持っていても、空き家のままですとご近所に迷惑をかけるかもしれないという事もありましたし、更地にするのも税金の事を考えると躊躇せざるを得ないという状態でした。

 

 売ろうとは決めたものの、私は、不動産売却の経験がありませんでしたので、まず情報を収集しました。結局複数社に見積もりをお願いしたほうがよいだろうとのことで、スマイスターのような一括査定を使って査定依頼を行いました。
いささか拍子抜けするほど簡単に売却依頼はできまして、その後まもなく複数社から査定額が返ってきました。
 意外な事でビックリしたのは、各社ごとで見積もりの出し方はさまざまで、細かい査定額をきちんと出すところもあれば、大雑把に金額のみをざっくり提示してくるところもありました。
 私の場合は、ちょうど私が売る家の地域で事業用地を探している不動産業者さんも査定依頼した中に入っていて、かなり高い金額を出してくれました。
 確実に欲しかったのだと思います。
 業者さんに売ると、瑕疵担保責任なども気にしなくてよいですし、しかも高かったので、結局その業者さんに売る事に決めました。
 正直、かなりラッキーだったと思います。
 不動産を売るには費用ががかる訳ですが、土地境界確認の経費が数十万円発生しました。
 高く売れていたので、あまり気にならなかったです。
 遠方という事で管理もあまりできなかった事もあり、家には不要な家財も残っていたのですが、そのまま買い取って頂けたので、不要か家財道具などの処分の手間もかかりませんでした。
 思い出がたくさん詰まった家を売ってしまったのは寂しい事でもありますが、さりとて管理するのも大変だったという事で、思い切って売って良かったと思いますし、売る事で心の整理も出来たと思います。

 

 

予算内で買えた中古マンション!

 

 私はあまり収入も高くなかったこともあって、将来的に借金を組むことと同義語のローンを組んでまで新築のマンションを購入する気はありませんでした。
 でも、家はほしかったので、中古のマンションを探すことにしました。
 新築のマンションももちろん良いと思いますが、コスパを考えたら中古マンションのほうがお得感がありますし。
 それから不動産関係の情報をいろいろと仕入れて条件を煮詰めていきました。
 私が付けた条件は駅から徒歩圏内だったり、3LDKだったりと、わりと普通の条件だったと思います。
 もちろん、予算内であることも重要な条件でした。
 条件があまりシビアでもなかったからか、不動産業者さんにお願いすると、わりとすぐに条件に合った物件が出てきました。
 いざ物件を見に行ってみると、ハッキリ言ってボロが目立つ物件でした。
 壁紙がボロボロに?がれていたりしたので、さすがに断ろうかと思いましたが、もしかしたら購入金額を安くすることができれば、リフォームで綺麗にできるのではないかと思いつきました。

 

 そこで、思いついた事を不動産業者に相談し、購入金額をリフォーム代金を含めて予算内に納めてもらえないかという話を売主側に話していただきました。
 不動産業者は嫌な顔を見せる事無く、マンションの持ち主と交渉して頂き、何とか予算内に済ませることができて超ラッキーでした。

 

 実際に購入してみて実感したのですが、ものの本に書いてある通り、決して安い買い物ではない不動産の購入の際には、不動産会社選びも重要だと思います。
 やはり、頼りになる不動産業者さんを見つけることがとても大事なのではないでしょうか。
 私は普段不動産関係と全く違う仕事をしており、不動産に関しては全く知識もなかったのですが、私を担当した不動産業者はリフォーム業者の紹介から、売主との価格の交渉、リフォーム後の出来の確認など、手間のかかる作業を全部やってくれたのです。

 

 破れていた壁紙などももちろんキチンと修復していただけましたし、水回り等もしっかりとやってくれましたので、とても満足しています。
 私はは中古マンションを購入する事に抵抗がありましたが、中古マンションなら、躯体自体がしっかりしていて管理も行き届いている物件を狙えば、新築マンションよりも安く買えますし、リフォームさえすれば、かなりお得な物件だと思います。
 新築のマンションは何といっても気持ちがよいでしょうし、満足度も高いと思いますが、購入予算で悩んでいる方には中古マンションを安く買ってリフォームをして安く購入する方法もお勧めです。

中古住宅を買いました
 

 

住宅を買う時に、最初に重視した条件は、ちょっと変わっているかもしれませんが、ご近所の問題でした。
 以前住んでいたところでトラブルが有ったので、嫌になってしまっての引っ越しでしたから、これはやはり譲れません。
 やはり住宅を買うというと高い買い物ですので、いやだったらまたすぐ引っ越しというわけには今度はいきません。
 賃貸であればこの辺は気楽ですが、今度は家を買う訳ですから、長い付き合いになる人達をそれとなくチェックです。
 物件がある周辺に何度も足を運びました。ゴミ捨てなどがキチンと行われているかなどを取りあえずチェックです。

 

 また、環境も気になったので、そちらのチェックも兼ねて平日に行ったり、土日にいったり、また昼間はよくても夜一変するということもありえるので様々な時間帯に時間にまんべんなく足を運び、しっかりチェックしました。
 次は、周囲に買い物に便利な施設があるかどうかをチェックしました。
 やはり、家を買ってからも順調に年を重ねていく訳ですから、この辺も要注意です。
 若いときに出来た事も年を取ればできなくなってきたり、苦痛になってきたりするわけですから、年老いても自分たちが買い物などに出やすい環境を選びました。

 

 次は、子供の学校の件です。
 登校時に車にひかれるなどの痛ましい事故が報道されていますが、こうした事を極力避けられる所を探し、通学路は自分で歩いて確かめました。
 それと、小児科がある所を考えました。子供は夜中でも熱を出したりするので、やはり専門の医療機関があった方が安心感があります。
 家を買う際、ついつい家を見る事が多く、駅歩何分かとかが気になってしまいますが、地域に住むという観点から地域を見てみるのもより良い家探しになるのではないかと思います。
 そうは言っても、家自体の造りや間取り、躯体の状況なども大事な事には変わり有りませんけれど。

 

不動産売却をした時の体験談
 私は父から一戸建ての住宅を相続して住んでいましたが、仕事の都合で遠方に転勤になったのを機会に売却を検討しました。
 私は不動産売買の経験が無かったので、インターネットで調べたり、本を買って少し勉強したりして、結局不動産売却一括査定とを使って査定依頼を行いました。
 査定依頼自体は簡単で、結構拍子抜けしました。
 不動産売却一括査定サイトを使って実際に選んだ業者に見積もりを出してもらったところ、建物の状態も良く、交通の便も良いところに家があったからか、お願いした不動産業者それぞれからそれなりに満足できる値段が提示されました。
 既にローンも完済していたので、かなり有難い話でした。
 その後、不動産業者を決めて売却をお願いしたのですが、不動産業者からは定期的に連絡があり(専任媒介契約ですから、当たり前といえば当たり前なのですが)、状況の整理やアドバイス、販売活動の提案などを受ける事が出来て、かなり助かりました。不動産業者というか、営業マンにはとても感謝しています。

 

 その後、内見が入り、最初のお客さんに一発で気に入ってもらえたようで、すぐに売れてしまいました。
 もちろん、トラブルも無く引き渡す事が出来、転勤にも間に合ってよかったです。
 こんなに上手くいったのは、繰り返す様ですが、営業マンの力量によるところが大きいと思います。
 そういう意味では、不動産売却一括査定サイトを使った事で、色々な営業マンと話す事が出来たのも良かったのかもしれません。

 

理想のマンションを手に入れました
 結婚して数年が過ぎ、そろそろ自分達の家が欲しという話になりました。
 そこで、まずは夫婦二人の理想の家の条件をたくさん挙げていきました。
 この作業は結構楽しかったです。
 そうして、上がった中からこれだけは譲れない条件というのを1つづつ挙げました。

 

 主人は急行停車駅から数分以内。私はリビングが南向きで明るい部屋でした。
 また、何度か家を住み替えている両親にもアドバイスをもらいました。
 その際、言われたのが「きちんとローンを返してゆけるのかを考えて家を買いなさい。借りられるのかではなく、無理なく返してゆけるのかを考えなさい」という事でした。

 

 こうした条件を検討すると、新築マンションや戸建てはかなり予算をオーバーする事が分かりましたので、中古のマンションにターゲットを絞って考えるようになりました。

 

 本格的にマンションを購入を考えるようになって、不動産業者さんにも足しげく通うようになりました。
 複数の不動産業者さん達に自分たちの理想のマンションの条件を言い、中古マンションの見学をしていきました。
 面白いもので、同じ条件でお話しているのに、提案される内容が担当者によって違うのです。
 そういう意味では、やはり複数の不動産業者さんとご縁が持てて良かったと思います。
 結局私たちの条件を親身になってきいてくれて、一番熱心で、信用出来そうな人を選ぶことが出来ました。
 こうして、毎週数件のマンションを見てゆく事になりました。

 

 そんな生活をして数か月後、とうとう理想に合うマンションを購入することができました。

 

 不動産購入を決めてからかなり順調に話が進んだのは、最初に自分たちが住みたい部屋のここだけは譲れないという具体的な条件を挙げたことと、両親が言っていたことを尊重して予算の上限を決めたことで、マンションを選ぶ基準にブレがなかったからだと思います。
 実際に色々と見て回って「もう少し予算があれば・・」等々という事が色々ありましたが、最初に決めた事をしっかりと守った結果、今でもローンの返済を無理なく出来ていますし、理想の家が手に入ったと思っています。

 

 

夫婦で悩んだ不動産購入

 

 数年前、家内の妊娠が分かり、家を買う事にしました。
それまで都内で賃貸マンションで生活していましたが、会社から補助金が出る期間も残りわずかになり、どうせなら新居で子供を迎えたいという話になりました。

 

 夫婦ともに都内に勤務しているので、都心が理想ではありますが、予算の関係から結構厳しいかもしれないと思っていました。
 不動産購入といっても、実際には新築戸建てや中古マンションなど、色々とある訳ですが、ここで最初に色々と話が出てきて、夫婦間の認識の違いが出てきました。 

 

私の中では新築一戸建て以外には全く考えていなかったので、当初それを念頭に東京郊外を考えていたのですが、家内は最初から予算内で何とかなりそうな中古のマンションしか考えていなかったのです。

 

 

田舎育ちで高校に2時間かけて通っていた私と、都会育ちで徒歩15分の高校に通っていた妻。
テニスコート大の芝生の庭がある家で育った私、マンションの15Fで育った妻。
それは噛み合わないわけです。
システムエンジニア的な発想が解決に導く

 

私はその当時、エンジニアとして働いていました。
上司からは「その案の『プロコン』はやったの?」という問いを受ける毎日。
「プロコン」とは、prosとconsつまり、メリットとデメリットを検討することです。

 

そう、この価値観の違いに対して、極めてドライにプロコンをしてみることにしました。

 

まずは私の希望である新築一戸建て。郊外に買うことが前提です。
prosはもちろん自分の好きな家に住めることです。自由に設計して、しかも広い。
consはメンテナンス費用なども含め、トータルコストの高さと売却のしづらさ。
また、郊外ということで夫婦の通勤時間の長さ、加えて子供が生まれた際の職場と保育園の遠さが挙げられました。
転勤の可能性があり、かつ現実的に生まれてくる子供のことを考えると致命的な課題と思われました。

 

 

続いて中古マンション案のプロコン。
prosはエリアをある程度自由に選べること。腰を据えて欲しいエリアを絞り、そのエリアから出る売却情報を追うことで、様々な物件に巡りあえるはずです。
また、初期投資の少なさも魅力でした。妻の実家のすぐ近くのエリアを選択することで、不測の事態の場合に保育園の送り迎えを妻の実家に頼ることもできます。

 

一方のconsですが、私が「他人の手垢」の付いた家を自分の物とは思えないというこだわりがありました。これは価値観としてどうしても譲れないものでした。

 

 

ブレークスルー

 

私の価値観として譲れない中古への「偏見」。それを壊したのは妻の思い付きでした。
物件の築年数を今よりも多少古いところに設定して初期投資を抑えて、そのお金で間取りや内装をフルリフォームしてはどうか、というものでした。その手があったかと思いました。私にとってマンションの外観が問題なのではなく、あくまでも住環境が新しく、しかも自由に設計できることが重要だったのです。
それまでにマンションの構造体についての研究を重ね、建築基準法が現行基準になった昭和60年代以降であれば問題ないということを確認し、築30年前まで許容物件として物件選びをしました。
結果として800万以上の初期投資を抑え、その代わりにバストイレキッチン、間取りも含めて手を入れて新築マンションと同様の住環境を手に入れることとなりました。

 

 

後日談

 

この時の真剣な議論を通じ、改めて「妻はこういう人だったんだ」というパーソナリティを深く知ることになりました。とても冷静で、凝り性で、敵に回すと怖いということです。ちなみに、この時に調べて興味が湧いたこともあり、身重で産休に入ることをで空いた時間を投資して最終的に宅地建物取引主任者(現在の宅建士)に合格しました。資格を活かして不動産管理の関係会社に転籍しました。"

 

 

 

 

 

 

 

トップに戻る

 

※このHPに書いてある情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。予めご了承ください。